自身で管理するのが大変ならマンション管理会社に依頼しよう!

硬貨を積む人

空き家を有効活用

内観

リロケーションとは、海外赴任や転勤など、一時的でありながら長期間家を空ける間、空き家を賃貸に出して家賃収入を得る仕組みのことです。空き家管理と同時に家賃収入が得られるとして、近年注目を集めています。リロケーションの活用場面は海外赴任や海外転勤、戻る予定のある転勤だけではありません。介護など家族の都合で家を空ける場合や、住み替えることになっているが家は子孫に残しておきたいという場合などもリロケーションが活用できる場面です。空き家のままだと家はすぐに傷んでしまいますが、人に貸すことで自然と家の状態を保つことができるのも大きなメリットです。リロケーションを活用するには、業者の選び方にポイントがあります。まず、リロケーションに関する会社は大きく分けて二種類あることを知っておくべきでしょう。一つ目が転貸借会社です。これはリロケーション会社に空き家を貸し、会社の方で入居者の募集、契約などを行ってもらうものです。家賃保証があることが多いため、安定して収入が得られますし、入居者の募集や契約、家賃滞納時の督促などの手間がかかりません。しかし入居者の質や種類は管理できません。もう一つが代理委託というシステムです。契約や管理の一部を代行してもらうもので、家賃の督促や入居者の選定などは貸し主が行います。業務が限られている分費用が安く、貸し主が入居者を確認できるのがメリットです。ただトラブル時はやや面倒なこともあります。他にも、借り手がつきやすいかや、実績豊富か、保証があるかなどをチェックするとよいでしょう。